ここから本文です

連続不審火か…越谷と川口 火の気ない住宅街、段ボールなど燃える

埼玉新聞 7月9日(土)22時2分配信

 9日午前1時ごろ、埼玉県越谷市赤山町の市道で、紙片などが燃えているのが見つかった。約50分後、直線で約2・8キロメートル離れた川口市戸塚東1丁目のアパート新築現場で、段ボールが燃えているのが見つかった。けが人はいなかった。いずれも火の気がないことから、越谷署と武南署が連続不審火の可能性もあるとみて捜査している。

 越谷署によると、越谷市の現場は住宅街の一角。通行人男性が発見、「段ボールが燃えている」と119番した。

 武南署によると、川口市の現場はJR東川口駅から南西約200メートルの住宅街の一角。燃えた段ボールは1枚で、新築現場敷地内の資材、木材の切れ端などの破棄場所に置いてあった。新聞配達員男性が発見、119番した。

最終更新:7月9日(土)22時2分

埼玉新聞