ここから本文です

政府推進の「タトゥー除去プロジェクト」、エルサルバドル

AFPBB News 7月9日(土)16時4分配信

(c)AFPBB News

【7月9日 AFP】中米エルサルバドルでは、政府が推進する「タトゥー除去プロジェクト」に多くの人々が参加している。

 参加者の多くはギャングのメンバーだった若者たちで、首都サンサルバドル(San Salvador)にある青少年庁 (Injuve) の施設では、凶悪なギャングを連想させる「負のレッテル」を消し去ろうと、日々多くの人々が除去施術を受けている。1日撮影。(c)AFPBB News

最終更新:7月9日(土)16時4分

AFPBB News

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。