ここから本文です

【MLB】岩隈久志、7回途中1失点で自身3連勝&日本人トップ9勝目 マ軍連敗4で止める

Full-Count 7月9日(土)11時58分配信

岩隈がチームの連敗止める力投で2桁勝利王手、マリナーズは再び貯金「1」

 マリナーズの岩隈久志投手が8日(日本時間9日)の敵地ロイヤルズ戦で7回途中を1失点と力投を見せ、日本人トップの9勝目(6敗)を挙げた。3-2で勝利したマリナーズは連敗を4で止め、再び貯金を「1」とした。

日本人最高は? 衝撃の総額年俸、これまでのMLB大型契約ランキング

 岩隈は初回に2三振を奪うなど上々の立ち上がりを見せると、2回も3者凡退に打ち取る。3回は2死から連打を浴び、一、三塁とされるも2番メリフィールドを二ゴロに仕留めて点を与えない。

 しかし4回、同じく2死から四球と安打でピンチを招くと7番カスバートに左前適時打を許して先制点を献上。それでもマリナーズ打線は5回にマルテの犠飛で追いつくと、6回2死二、三塁からクルーズの3ランはファウルの判定で取り消されたが、直後、相手の失策も絡んで2点を奪取。逆転に成功した。

 岩隈は6回まで1失点に抑える力投。7回1死から6番オーランドにレフトへ二塁打を浴び、その後1死三塁から8番エスコバルに四球を与えて降板した。それでも2番手ディアスが後続を立ってリードを守った。

 マリナーズは9回に1点を失ったものの、競り勝って連敗をストップ。岩隈は6回2/3を5安打6奪三振1失点で防御率4.25。自身3連勝で今季日本人トップの9勝目を手にした。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7月9日(土)11時58分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報