ここから本文です

【MLB】9勝目の岩隈久志、7回途中1失点に手応え「要所を抑えることできた」

Full-Count 7月9日(土)13時51分配信

自身3連勝で日本人トップ9勝目、2桁勝利王手

 マリナーズの岩隈久志投手がチームの連敗を4で止める力投を見せた。8日(日本時間9日)の敵地ロイヤルズ戦で7回途中を5安打6奪三振1失点と力投し、9勝目(6敗)。自身3連勝でチームの連敗脱出に貢献した。

日本人最高は? 衝撃の総額年俸、これまでのMLB大型契約ランキング

 岩隈は0-0の4回に先制点を献上したものの、6回2/3を1失点のみに封じた。球団公式サイトによると、試合後、右腕は通訳を通じて「全体的に見ていいピッチングができたと思う。要所を抑えることができた」とコメント。「思ったような球を投げることができた。自分の投球をして、タイミングを狂わせ、打者を打ち取り、タフなイニングを切り抜けることができた」と話しており、この日の内容に手応えをつかんだ様子だ。

 これで昨季に並ぶ9勝目。ここまで田中将大(ヤンキース)が6勝2敗、前田健太(ドジャース)が7勝6敗、ダルビッシュ有(レンジャーズ)が2勝0敗で、日本人トップの勝ち星を積み重ねており、2シーズンぶりの2桁勝利にも王手をかけている。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7月9日(土)14時30分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。