ここから本文です

<高校野球>158チーム堂々行進 降雨も観客1万4000人見守る

埼玉新聞 7月9日(土)23時40分配信

 第98回全国高校野球選手権埼玉大会は9日、県営大宮球場で158チームが参加して開会式が行われ開幕。夢の甲子園出場を懸け、18日間にわたる熱戦の火ぶたが切って落とされた。決勝は26日午前10時から同球場で行われ、優勝チームは全国高校野球選手権(8月7日から15日間)に出場する。
 
 午前11時、降雨にもかかわらず約1万4千人の観客がスタンドから見守る中、高らかに開式が告げられた。降雨のため短縮された入場行進では、名前を読み上げられたチームが外野の芝生上を約10メートルずつ前進する異例の措置が取られた。
 
 それでも昨年優勝の花咲徳栄を先頭に、それぞれのチームを代表する選手たちが力強い歩みを披露した。
 
 式では、花咲徳栄の岡崎大輔主将が優勝旗を返還。吉野龍男県高野連会長が「小さい頃から野球に親しみ、多くの人に支えられてきたことでしょう。諸君には野球ができる喜び、試合でプレーができる喜びと、感謝の気持ちを持ってもらいたい」と激励した。
 
 上田清司知事は祝辞で「作物が実るには雨が必要です。雨は一種の試練ですが、喜びにもなります。試練と喜びは裏表、これまでの皆さんの試練は一筋の喜びを得るための努力」とあいさつした。
 
 最後に選手代表として草加の須賀智也主将が力強く選手宣誓。「今、私たちは最高の仲間と共に、この舞台に立っています。これまで支えてくれた全ての人への感謝を胸に、仲間を信じ、自分を信じ、夢の舞台に向かって全身全霊プレーすることを誓います。つかめ1勝。つかめ甲子園」と球児たちの思いを代弁した。
 
 10日は10球場で1回戦の29試合が行われる。入場料金は一般500円(中高生は200円)、引率された少年野球・中学生チーム(引率者・保護者有料)、障害者(障害者手帳の提示)と介添者1人、小学生以下は無料。

■10日の試合

【県営大宮】
▽1回戦
熊谷―草加西(9時)
昌平―本庄第一(11時30分)
本庄東―白岡(14時)

【市営大宮】
▽1回戦
杉戸―八潮南(9時)
慶応志木―大宮武蔵野(11時30分)
富士見―久喜北陽(14時)

【上尾市民】
▽1回戦
深谷―栄北(9時)
大宮―狭山ケ丘(11時30分)
浦和実―寄居城北(14時)

【市営浦和】
▽1回戦
与野―蓮田松韻(9時)
和光―いずみ(11時30分)
埼玉栄―飯能(14時)

【川越初雁】
▽1回戦
川越南―埼玉平成(9時)
自由の森―川越(11時30分)
三郷北―川越総合(14時)

【熊谷公園】
▽1回戦
川越初雁―熊谷西(9時)
早大本庄―浦和商(11時30分)
秩父―庄和(14時)

【越谷市民】
▽1回戦
春日部工―春日部(9時)
志木―岩槻(11時30分)
大宮南―羽生一(14時)

【朝霞市営】
▽1回戦
狭山工―星野(10時)
越生―城北埼玉(12時30分)

【川口市営】
▽1回戦
市川口―所沢中央(9時)
小川―川口工(11時30分)
鳩山―草加東(14時)

【所沢航空】
▽1回戦
秀明―新座(9時)
越谷南―川越西(11時30分)
所沢商―栗橋北彩(14時)

最終更新:7月10日(日)0時43分

埼玉新聞

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)