ここから本文です

セレナがケルバーを倒してグランドスラム22勝目 [ウィンブルドン]

THE TENNIS DAILY 7/9(土) 23:44配信

「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/本戦6月27日~7月10日/グラスコート)の女子シングルス決勝で、ディフェンディング・チャンピオンで第1シードのセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)が第4シードのアンジェリック・ケルバー(ドイツ)を7-5 6-3で下して大会連覇を達成した。試合時間は1時間21分。

ケルバーがビーナスを下し、全豪に続いてセレナとの決勝へ [ウィンブルドン]

 セレナはケルバーと8度目の対戦で6勝目。今シーズンは1月に全豪オープン(オーストラリア・メルボルン/ハードコート)決勝で対戦し、ケルバーがセレナを6-4 3-6 6-4で倒してグランドスラム初制覇を果たしていた。

 ウィンブルドンには10年連続17回目の出場となったセレナ。昨年は決勝でガルビネ・ムグルッサ(スペイン)を6-4 6-4で破り、6度目の優勝とグランドスラム通算21勝目を決めていた。

 昨年の大会を制してからグランドスラム4大会連続でタイトルを逃していたセレナは、シュテフィ・グラフ(ドイツ)と並ぶオープン化以降の最多記録となる22勝目を挙げた。史上最多はマーガレット・スミス コート(オーストラリア)の24勝となっている。

 セレナは姉ビーナスとのペアで出場しているダブルスでも決勝進出を果たしており、単複2冠をかけて第5シードのティメア・バボス(ハンガリー)/ヤロスラーワ・シュウェドワ(カザフスタン)と対戦する。

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo:LONDON, ENGLAND - JULY 09: Serena Williams of The United States celebrates victory following The Ladies Singles Final against Angelique Kerber of Germany on day twelve of the Wimbledon Lawn Tennis Championships at the All England Lawn Tennis and Croquet Club on July 9, 2016 in London, England. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

最終更新:7/9(土) 23:54

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]