ここから本文です

マンチーニだけはやめておけ イングランド代表監督就任説にまさかの教え子が反対「ふさわしくない」

theWORLD(ザ・ワールド) 7/9(土) 17:00配信

マンCで共に働いた選手から反対意見

先日、インテルを率いるロベルト・マンチーニにイングランド代表監督就任の話題が浮上した。ロイ・ホジソンの後任を探すイングランドサッカー協会(FA)は優秀な人物であれば外国人指揮官に任せる考えもあるとしており、プレミアリーグでマンチェスター・シティをリーグ制覇に導いたマンチーニも高く評価されている指揮官の1人だと言われている。

しかし、マンチーニの代表監督就任に待ったをかける選手が登場した。それはかつてマンCでマンチーニの指導を受けたアイルランド人GKシェイ・ギブンだ。英『TalkSport』によると、ギブンはマンチーニが気の変わりやすいタイプの人間で、周囲の人間とトラブルになることも珍しくないとコメントし、マンチーニだけはやめておけと反対意見を唱えている。

「僕はイングランド人指揮官に任せるべきだと思うし、マンチーニは非常にムラっ気のある人物だ。彼はマンCであらゆる人と言い争いをしていたよ。選手、スタッフともね。イングランド代表でもそうなるだろう。僕は彼がイングランド代表監督にふさわしい人物とは思わない。僕が決断を下すわけじゃないけどね。イングランドサッカー協会は外国にも目を向けているのかもしれないけど、マンチーニはやめておくべきだね」

ギブンはマンチーニの下でジョー・ハートのバックアッパーの位置付けで、まさかの元教え子から反対の意見が出る結果となった。マンチーニの代表監督就任はまだまだ可能性の段階だが、ギブンの言葉通りトラブルの多い人間ならば招聘は考え直すべきかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7/9(土) 17:00

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「ゲームで10年長生きしましょう」
重度の脳震盪の後長い間病床に付き自殺まで考えたゲームデザイナーのジェーン・マゴニガルは、回復のための素晴らしいアイデアを思い付きました。科学的研究の成果を織り込んだ回復のためのゲーム「スーパー・ベター」を作ったのです。この感動的な講演で、彼女はゲームがいかに人の回復力を高め、人生におまけの7分半を付け加えてくれるか語っています