ここから本文です

異端児ビエルサ、1年契約だったのにたったの2日で辞任 ラツィオは損害賠償を請求、その金額は……

theWORLD(ザ・ワールド) 7月9日(土)17時28分配信

請求額は3~5000万ユーロ

マルセロ・ビエルサ監督は「要求した7人の選手をクラブは1人も獲得しなかった」ことを理由に、セリエA・ラツィオの監督を辞任した。ラツィオは1年契約でビエルサ監督の就任を今月6日に発表したばかりだが、わずか2日での辞任となった。

ビエルサ監督は「昨シーズン、18人の選手を放出したことを考えられると、補強した選手がスケジュールどおりチームに合流する必要があった。7月5日よりも以前に少なくとも4人の選手を獲得することが不可欠だったし、その合意を得ていたはずだ。だが、補強が実現しなかったにもかかわらず、クラブは就任を発表してしまった」と意見表明している。スペイン『MARCA』が伝えた。

そして同紙はラツィオがビエルサ監督に損害賠償を請求する意向で、イタリアの弁護士事務所を通じて11日にも訴えるという。その請求額は3000万ユーロから5000万ユーロにものぼると報じられている。

ビエルサ監督はマルセイユの指揮官を務めていたときも、要求した選手を獲得できなかったことを理由にチームを電撃辞任していた。今回も急な辞任劇となったが、ラツィオとビエルサ監督との争いはどのような決着を見せるのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:7月9日(土)17時28分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。