ここから本文です

イングランド代表の方がフランス代表より強い? パレス指揮官「イングランドより良いとは思わない」

theWORLD(ザ・ワールド) 7月9日(土)19時20分配信

ケインやアリなどタレントに自信

EURO2016でベスト16敗退に終わったイングランド代表には大きな失望感が残った。今大会は優勝も狙えると言われていただけに、伏兵アイスランド代表に敗れたことには大きな後悔が残る。イングランドの実力がそこまでだったと言ってしまえばそれまでだが、クリスタル・パレスで指揮を執るイングランド人指揮官のアラン・パーデューはイングランド代表が悪いチームとは思っていない。

英『Daily Mail』によると、パーデューはイングランドがフランスから学ぶべき点は大いにあるとしながらも、決勝まで進んだ開催国フランス代表より劣っているとは思わないと持論を展開した。

「フランスが素晴らしいのは認めるが、私は彼らのチームに4~5人はイングランド人選手が入れると思っているよ。イングランドは結果が出なかったが、悪いチームではない。イングランドにはクオリティがある。フランスはダイナミックだが、突出した選手であるグリーズマンを除けば彼らがイングランドより良いとは思わないね」

4~5人ということは、スタメンの約半分だ。パーデューはそれだけイングランド代表にはクオリティのある選手が揃っていると感じており、トッテナムでプレイするハリー・ケインやデル・アリが悪い選手になったわけではないと実力を高く評価している。

今回のチームは若手が揃っていたため2018ワールドカップも大幅な変更はなく臨めそうだが、そこでフランスより良いチームだと証明できるだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月9日(土)19時20分

theWORLD(ザ・ワールド)