ここから本文です

広島快勝、新井が古巣相手に逆転3ラン 連勝でカード勝ち越し、阪神は借金11

Full-Count 7/9(土) 21:35配信

ドラ1岡田がプロ2勝目、丸と鈴木もホームラン

 首位を独走する広島は9日、敵地での阪神戦に7-1で快勝し、連勝でカード勝ち越しを決めた。5番・新井が逆転3ランを放つなど、打線が11安打7得点。投げてはドラフト1位ルーキーの岡田が6回7安打1失点と好投し、プロ2勝目を挙げた。最下位の阪神は借金11となった。

 先制したのは阪神だった。2回。中谷、北條の連打で無死一、三塁とすると、岡崎がライトへタイムリー。その後、ピッチャーの能見は四球で無死満塁とさらにチャンスが続いたが、西岡は三ゴロ、鳥谷は遊飛、江越は空振り三振と広島岡田が踏ん張った。

 すると、直後に広島が反撃する。3回、2死一、三塁となって、新井がレフトへ3ラン。古巣の本拠地で会心の一発を放ち、試合をひっくり返した。

 さらに、5回には1死二塁から丸がライトへタイムリー。7回には先頭の丸がバックスクリーンへソロを放つと、鈴木の2ランも飛び出して3得点。7-1と大きくリードを広げた。

 岡田は6回1失点で降板。7回はヘーゲンズが1死一、二塁とされるも無失点に抑えると、8回は今村、9回は一岡とつなぎ、快勝した。貯金は18。50勝に到達した。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7/9(土) 21:44

Full-Count