ここから本文です

ポルトガルの守備はイタリア代表と同クラス カペッロ氏「ポルトガルの方が良い」

theWORLD(ザ・ワールド) 7月9日(土)20時10分配信

優勝予想はポルトガル

スペイン、イタリア、ドイツ、イングランドなど優勝候補と呼ぶべき強豪国が1つの山に固まったブロックを抜け出してきた開催国のフランス代表は、ポルトガル代表とのEURO2016決勝でも優勝候補と考えられている。

ポルトガルは90分で勝利したのは準決勝のウェールズ代表戦が初めてで、グループステージでも3引き分けと苦しんだ。しかし名将ファビオ・カペッロ氏は意外にもポルトガルを優勝候補に推している。

伊『Sky Sport Italia』によると、同氏はポルトガルの守備ブロックがイタリア代表を思わせるとコメントし、フランスの方が守備に問題を抱えているとポルトガル優位との予想を展開した。

「フランスは良い攻撃を持っているが、守備に問題を抱えている。ポルトガルはコンテ率いるイタリア代表を思い出させるほど全体がコンパクトで、前線には局面を変えられる選手がいる。両チームの指揮官は互いをよく研究し、注意深く臨むまないといけないね」

「フランスはホスト国であり、紙面上では彼らの方が優勝候補だ。だが、私の見解ではポルトガルの方が良い。彼らは正しいタイミングの見極め方を知っているし、フランスを苦しめられるだろう」

ポルトガルは攻撃の組み立てなどに苦戦している部分はあるものの、決勝トーナメントに入ってからは堅守を維持している。特に準決勝では大黒柱のDFペペを欠いていたが、ブルーノ・アウベスとジョゼ・フォンテのコンビは堅かった。中盤でもダニーロやウィリアム・カルバーリョなど守備で貢献できる選手が揃っており、クリスティアーノ・ロナウドのところ以外は誰でも代わりを務められる穴が少ないチームとも言える。

守備を重視するカペッロ氏らしい意見となったが、ポルトガルは開催国のフランスを持ち前の堅守を軸に撃破できるか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月9日(土)20時10分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]