ここから本文です

EUROで批判浴びるもグアルディオラはスターリング&ハートを信頼 「何も心配していない」

theWORLD(ザ・ワールド) 7月9日(土)20時40分配信

クオリティがあると語る

自慢のスピードを活かした突破は影を潜め、サイドで印象的なプレイを見せられなかったイングランド代表FWラヒーム・スターリング、そしてガレス・ベイルに長距離砲を決められてしまったGKジョー・ハートは、今回のEURO2016でもパフォーマンスが悪かったと批判された選手だ。

当然マンチェスター・シティ指揮官ジョゼップ・グアルディオラもEUROでのパフォーマンスをチェックしているはずだが、グアルディオラ自身は2人のクオリティを疑っていない。英『Daily Mirror』によると、グアルディオラは2人にクオリティがあると主張し、自身のチームで良い働きをしてくれるはずと確信している。

「クオリティのない選手の自信を回復するのは容易ではない。だが、スターリングにはクオリティがある。私は彼が良いプレイをすると確信しているよ。私は何も心配していない。ハートのEUROでのパフォーマンスもね。重要なのは彼らのクオリティを理解し、分析してどうしていくか決めることだ」

「昨季のスターリングには大きな期待がかかっていたが、彼は安定してプレイができずに自信が落ちている。重要なのはコンディションを整えてチームスピリットを持つことだ。彼には才能があるんだ」

スターリングの場合は昨夏に多額の移籍金でチームに加入したこともあり、イングランドのサッカーファンから特別な視線を向けられてしまっている。そのプレッシャーがパフォーマンスに影響を与えている部分もあるはずで、何とかグアルディオラの下で自信を取り戻したいところだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月9日(土)20時40分

theWORLD(ザ・ワールド)