ここから本文です

地元ハミルトンが再びトップ、ロズベルグはトラブルで走行できず

オートスポーツweb 7月9日(土)0時27分配信

 2016年F1第10戦イギリスGPは、7月8日にフリー走行2回目が行われた。スタート時の気温は21度、路面温度は36度と、1回目から気温、路面温度ともに上昇するなか、トップタイムを記録したのはメルセデスのルイス・ハミルトン。チームメイトのニコ・ロズベルグはトラブルが発生したため、一度もコースインを果たすことなく終了している。また1回目はエステバン・オコンとシャルル・ルクレールを走行させたルノーとハースは、それぞれケビン・マグヌッセンとエステバン・グティエレスが復帰している。 

ハミルトンとロズベルグへの最終警告

 1回目でメルセデスにタイム差をつけられたフェラーリ2台は、セバスチャン・ベッテルがミディアムタイヤ、キミ・ライコネンがハードタイヤを履いてコースイン。ミディアムのレッドブル2台とともにトップタイムを更新しあっていたが、ミディアムを履くハミルトンが1分33秒505で、その均衡を破る。一方のロズベルグはガレージに待機したままコースインを待つ状態が続く。

 開始から約15分が経過したころ、トロロッソのダニール・クビアトが最終コーナーで単独スピン。フロントウイングを破損させてしまい、タイム計測できず。しばらくすると、そのデブリを回収するためにイエローフラッグが掲示された。

 その後ベッテルがソフトに履き替えて、1分32秒570でトップに浮上。各車続々とソフトに履き替えタイムが上昇していくなかで、ハミルトンはベッテルを上回る1分31秒660を記録。レッドブルのダニエル・リカルドが1分32秒051で続き、チームメイトのマックス・フェルスタッペンが1分32秒286で3番手となる。ロズベルグはガレージでマシンから降りてしまい、まだセッションは50分を残していたが、もう走行できないムードが漂いはじめる。

 マクラーレンはフェルナンド・アロンソが、キミ・ライコネンからコンマ3秒遅れの6番手につける。だが、ジェンソン・バトンはパワーに問題を抱えているのか、ピットインを指示されて満足に周回を重ねられない。

 残り約40分となったところで各車ロングランを開始すると、メルセデス、フェラーリ、レッドブルら上位勢は、タイヤを替えながら1分34~37秒台の間でタイムを推移。バトンがようやくソフトタイヤでタイム計測を行い、9番手に浮上。アロンソの31周に対して、20周でセッションを終えた。

 結局ロズベルグは、マシンをガレージに待機させたまま1周も走ることができずに終了。ハミルトンと明暗が分かれるかたちとなり、明日の予選に向けて原因究明を急ぎたいところだ。 

 フリー走行3回目は、7月9日(土)日本時間18時(現地時間10時)から開始される。

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月9日(土)0時27分

オートスポーツweb