ここから本文です

バトン「問題発生。Q3は厳しそうだが、アロンソのように速さを見つけたい」:マクラーレン・ホンダ イギリス金曜

オートスポーツweb 7月9日(土)15時7分配信

 2016年F1イギリスGPの金曜プラクティスで、マクラーレン・ホンダのジェンソン・バトンは12位/9位だった。
 
■マクラーレン・ホンダ・フォーミュラ1チーム
ジェンソン・バトン フリー走行1=12位/2=9位
 午後のセッションは順調にはいかなかった。最初にプライムタイヤで1周した後、問題に見舞われ、30分ほどガレージにとどまらなければならなかった。その後コースに出ていき、1周走ったら、また他の問題が出た。そのためオプションタイヤで走れたのはセッションの終盤になってからだった。
  
 今日の問題が明日までに解決して、ある程度、走行できるよう願っている。幸いPC上のナンバークランチングに関するものなので、明日は問題なく走れるはずだ。

2016年第10戦イギリスGP ジェンソン・バトン(マクラーレン・ホンダ)


 それでも明日Q3に進むのは簡単ではなさそうだ。午前中のセッションを順調に過ごせれば、予選でよりいい結果を狙う助けになるだろう。

 今日、フェルナンド(・アロンソ)はいいペースを見つけていた。明日僕のクルマに新しいコンポーネントが装着されて、有意義な走行ができれば、競争力が向上するんじゃないかな。

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月9日(土)15時9分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。