ここから本文です

ロズベルグのトラブルは予想より深刻。「ルイスのデータを活用して挽回する」:メルセデス イギリス金曜

オートスポーツweb 7月9日(土)8時5分配信

 2016年F1イギリスGPの金曜プラクティスで、メルセデスのニコ・ロズベルグは2位/ノータイムだった。FP2開始直前に水漏れが発見され、チームは簡単に修理できるものと最初は考えたが、調査の結果、エンジンを1基失うリスクを避けるためこの日の走行は控えることに決めた。
 
■メルセデスAMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム
ニコ・ロズベルグ フリー走行1=2位/2=ノータイム
 午前中のセッションは順調だった。僕らは最速だと思うから、ルイス(・ハミルトン)といいバトルができそうだ。
 
 午後に走れなかったのは残念だったが、明日朝までには問題を解決できるはずだ。ルイスが今日学んだことを参考にして、明日と日曜に役立てる。
 
 情熱的なファンが大勢来てくれてうれしい。イギリスにファクトリーがあるチームが多いから、チーム関係者が大勢来ているはずだ。彼らのためにいいショーを披露したいね。みんなに素晴らしい週末を送ってもらいたい。

2016年第10戦イギリスGP金曜 ニコ・ロズベルグ(メルセデス)

 
 午前中、とてもいい感触を持てたから、さほど心配していない。ルイスの作業を見守り、データをチェックして、自分のマシンに役立てそうなことを学ぼうとした。午前中の時点でバランスは理想からさほど遠くない状態だったから、だいじょうぶだ。

 明日のFP3で遅れたぶんの仕事をすればいい。そうすれば問題ないよ。

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月9日(土)11時8分

オートスポーツweb