ここから本文です

フェルスタッペン「メルセデスに近づいている。2番手の位置を確保したい」:レッドブル イギリス金曜

オートスポーツweb 7月9日(土)10時51分配信

 2016年F1イギリスGPの金曜プラクティスで、レッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンは7位/3位だった。

レッドブル&アストンマーチン、ハイパーカーAM-RB 001を発表

■レッドブル・レーシング
マックス・フェルスタッペン フリー走行1=7位/2=3位
 すごくいい一日だった。このコースは走っていて楽しいし、僕らには競争力がある。ただFP2は風が強くて難しいコンディションだった。でも条件は全員同じだからね。

 ロングランでもショートランでもペースはよかったから、トップに近づけると期待している。フェラーリをはじめ、他のチームが(明日)どこまで来るか、分からないけれど、今のところ自分たちの位置にすごく満足している。ここはパワーがある程度重要なサーキットだけど、僕らに合ったコーナーもいくつかある。メルセデスとの差がそれほど大きくないというのはいつだってうれしいことだ。

 ひとつかふたつ、バランスの問題があったから、今夜マシンに少し変更を加える。いつも前進し続け、トップに立ち続けたいと思っているからね。

 すごく満足しているけれど、明日はもっと速く走りたい。(メルセデスに次ぐ)2番目のチームになれたらうれしい。今日はすごくいい形で週末をスタートすることができた。

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月9日(土)11時3分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。