ここから本文です

FIA、チーム側の「無線制限の緩和」要求を一蹴

オートスポーツweb 7月9日(土)17時40分配信

 FIAは、F1で現在採用されている無線制限に関して、内容の見直しは考えていない意向を明らかにした。

FIA会長ジャン・トッドも無線制限見直しに「ノー」

 メルセデス・モータースポーツのボス、トト・ウォルフと、フォース・インディア副代表のボブ・ファーンリーが、オーストリアGPでの事故やリタイアは無線の制限が影響していたとFIAに提言。

 しかしながら、FIAのレースディレクターを務めるチャーリー・ホワインティングは、現行の規則を変えるつもりはなく、改変は論外である意向だと、マクラーレンのチーム代表エリック・ブーリエが明かしている。

「チームとFIAによる議論は行われたが、FIAは制限の緩和を訴えるチーム側の主張を受け入れるつもりはない」とブーリエは語った。

 オーストリアGPでは、メルセデスのニコ・ロズベルグに終盤ブレーキ・バイ・ワイヤのトラブルが発生、最終ラップのルイス・ハミルトンとの接触に影響を及ぼした。

 フォース・インディアのセルジオ・ペレスにも、同じタイミングでブレーキトラブルが発生。その数周前にはチームメイトのニコ・ヒュルケンベルグがブレーキに問題を抱えてリタイアしていた。

 ファーンリーは、無線制限があったためにドライバーに伝えることができず、アクシデントが発生したと主張。

「我々は無線によるコミュニケーション手段を見直す必要がある。少し危険な要素をはらんでいるからね。頭部保護システムには賛否あるが、安全性を優先して進められている。せめて、ドライバーにブレーキの問題を伝えることができれば良いのだが……」

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月9日(土)17時42分

オートスポーツweb