ここから本文です

ハミルトンここまで全セッション首位、エリクソンはクラッシュでマシン大破

オートスポーツweb 7月9日(土)20時3分配信

 2016年F1第10戦イギリスGP、フリー走行3回目が7月9日に行われた。気温17度、路面温度19度、路面コンディションがハーフウエットからドライへと回復していくなか、メルセデスのルイス・ハミルトンが初日に続いてトップタイムを記録。終盤ザウバーのマーカス・エリクソンが単独クラッシュを喫し、マシンを大破させた。 

最速メルセデスに足りない「天才」の存在

 セッション前に降った雨の影響で、スタート時の路面はハーフウエット状態。真っ先にコースインしたエステバン・グティエレス、セバスチャン・ベッテル、フェリペ・マッサ、ロマン・グロージャンはインターミディエイトタイヤを装着して走行する。マクラーレンのジェンソン・バトン、フェルナンド・アロンソら、数台のマシンはウエットタイヤを選んだ。

 各車タイム計測を行わないまま約15分が経過したころ、フォース・インディアのセルジオ・ペレス、ニコ・ヒュルケンベルグがミディアムタイヤでコースイン。徐々に乾き始めた路面コンディションに合わせて、ドライタイヤで続々とコースへと出ていく流れとなる。

 そんななか、唯一ハードタイヤを選択したニコ・ロズベルグが1分33秒台のタイムでトップに浮上すると、ミディアムタイヤを履いたセバスチャン・ベッテルが1分33秒203でロズベルグのタイムを上回り、同じくミディアムのキミ・ライコネンも2番手で続いた。
 
 セッションが折り返しを迎えると、トップチームを筆頭にソフトタイヤで計測を開始。この時点でコースインしたハミルトンが、2番手タイムを出していたロズベルグを上回る1分31秒234でタイムシートのトップに立つ。その後方にはレッドブルのマックス・フェルスタッペン、ダニエル・リカルドが続き、ベッテル、バルテリ・ボッタス、アロンソ、ライコネン、カルロス・サインツJr.、フェリペ・マッサというトップ10となる。

 そして残り約20分となったところで、エリクソンがターン15出口の縁石で姿勢を乱し、スピンしながらタイヤバリアに激突。ステアリングが外れてしまうほどの激しい衝撃だったが、本人は無事にマシンを降りた。ここで、セッションは赤旗中断に。

 コース上の破損したパーツなどの回収が行われ、残り5分で再開すると、最後にトップチーム勢がタイムを更新。ハミルトンが1分30秒904、ロズベルグが1分30秒967と、僅差でハミルトンが最速タイムを記録した。ここまでフリー走行1回目から、全セッションで首位に立っている。

 また、チェッカー後にベッテルが無線でギヤボックスに問題が発生したことを示唆。詳細は現時点で明らかになっていないものの、予選に向けて、どのような影響を及ぼすのだろうか。

 予選は、このあと7月9日(土)日本時間21時、現地時間13時から開始となる。

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月9日(土)20時3分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]