ここから本文です

「山の日」記念 多彩な催し 8月1~11日 アルペンルート

北日本新聞 7月9日(土)0時30分配信

 今年から8月11日が国民の祝日「山の日」に定められたことに合わせ、立山黒部貫光(富山市桜町、佐伯博社長)は来月1日から11日まで立山黒部アルペンルートで記念イベントを展開する。「立山・山の日ウィーク」と銘打ち、室堂ターミナルをメーン会場に立山の氷河の一部を展示するほか、スタンプラリーなどで来訪者に夏の立山の魅力をPRする。

 氷河の展示は立山カルデラ砂防博物館から提供を受け、室堂ターミナル併設の立山自然保護センターで行う。アイスクリームなど同ルート各駅のグルメを割安で味わえるクーポン券も新たに販売する。

 同ターミナル屋上では、立山町芦峅寺に伝わる護符作りの体験イベントや県内観光地のPRを実施。11日を「立山登拝推進デー」として、事前に予約し雄山山頂まで登った人に景品をプレゼントする。

北日本新聞社

最終更新:7月9日(土)0時30分

北日本新聞