ここから本文です

岩隈久志、7回途中1失点で9勝目! 敵地で好投、チームの連敗を4で止める

ベースボールキング 7/9(土) 11:57配信

● ロイヤルズ 2 - 3 マリナーズ ○
<現地時間7月8日 カウフマン・スタジアム>

 マリナーズの岩隈久志が8日(日本時間9日)、敵地でのロイヤルズ戦に先発登板。7回途中1失点の好投で9勝目(6敗)を挙げ、チーム連敗を4で止めた。

 球宴前最後の登板となった岩隈は、初回から2イニング連続3者凡退と抜群の立ち上がり。3回は二死から連打を浴びピンチを招いたが、2番メリフィールドを二ゴロに仕留め先制点を許さなかった。

 しかし0-0で迎えた4回、二死からこの試合初めての四球を与えると、続く6番オーランには中前打で繋がれ再び一、二塁のピンチ。ここで7番カスバートに左前打を許すと、二塁走者のペレスが先制ホームへ滑り込んだ。

 それでも直後の5回、マリナーズは7番マルテが中犠飛を放ち同点。続く6回も二死二、三塁の好機を作ると、相手先発・ベンチュラの暴投の間に一気に二者が生還。3-1と試合をひっくり返した。

 岩隈は勝ち越してもらった直後の6回、先頭打者に四球を与えたが、次打者を注文通りの二ゴロ併殺。結局この回も3人で終えると、2点リードの7回は、二死一、三塁とされたところで降板した。

 この場面で登板した2番手右腕のディアスが、9番ダイソンを二ゴロに仕留め見事な火消し。岩隈は6回2/3を5安打6三振3四球の内容で、防御率を4.25とした。

 マリナーズは2点リードの9回、前日セーブ失敗のシシェクがまたも追撃ソロを浴びたが、何とか1点リードを死守。守護神は苦しみながらも21セーブ目(2勝5敗)を手にした。

BASEBALL KING

最終更新:7/9(土) 12:00

ベースボールキング

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。