ここから本文です

縁起物の竹ざる「なあげそうけ」飾る 17日に長谷部まつり

北國新聞社 7月9日(土)3時0分配信

 穴水町商工会女性部は8日、町中心部で17日に開催される第54回長谷部まつり(北國新聞社後援)を前に、武者行列が通る道中の家や商店の協力を得て、58軒の玄関先に縁起物の竹ざる「なあげそうけ」を飾った。

 なあげそうけは、行列の主役となる初代穴水城主長谷部信連(のぶつら)の馬印とされ、女性部員が伝承に習って竹ざるを金の塗料で色づけし、赤い飾りひもを結んだ。

 まつりが終わった後も、町出身である大相撲の遠藤(金沢学院高OB)を応援する思いを込め、名古屋場所千秋楽の24日まで飾る予定だ。

 竹端典子部長は「まつりの雰囲気を盛り上げたい」と話した。

北國新聞社

最終更新:7月9日(土)3時0分

北國新聞社