ここから本文です

幻の「鉄打出」一堂に 山田宗美没後100年展、9日から加賀市美術館

北國新聞社 7/9(土) 3:00配信

 加賀市大聖寺鍛冶(かじ)町出身の工芸家山田宗美(そうび)(1871~1916)の没後100年を記念した「鉄に生命(いのち)を吹き込んだ男―鉄打出(てつうちだし)の名工・山田宗美展」(北國新聞社など後援)は9日、市美術館で始まる。8日は内覧会が開かれ、精巧な置物など100点が並び、関係者が郷土の作家を振り返った。

 山田は刀剣鍛冶の家に生まれ、熱した薄い鉄板を金鎚(かなづち)でたたいて形作る「鉄打出」の技法で優れた作品を創作した。日本美術展覧会などで受賞し、最高の栄誉とされた「帝室技芸員」に内定したが、発表直前の46歳で急逝した。

 今回は1900年のパリ万博の出品作で実業家澁澤榮一が購入し、知人に贈った「狸(たぬき)置物」をはじめ、日英博覧会で名誉大賞を受けた傑作で、高さ約120センチと大型の県指定有形文化財「狛犬(こまいぬ)大置物」、香合や香炉など精緻な模様が施された秀作を集めた。

 父宗光や弟子の黒瀬宗世らの作品も展示した。9日は富大大学院教授の大熊敏之氏のギャラリートークが行われる。9月4日まで。テレビ金沢、北陸放送、エフエム石川、加賀ケーブルテレビも後援する。

北國新聞社

最終更新:7/9(土) 3:00

北國新聞社