ここから本文です

チェコ歴代最多124試合出場…34歳GKチェフ、代表引退を表明

SOCCER KING 7月9日(土)8時47分配信

 アーセナルに所属するチェコ代表GKペトル・チェフが、同国代表からの引退を表明した。クラブの公式HPが8日に伝えている。

 チェフは1982年生まれの34歳。2002年2月、19歳の若さでA代表デビューを果たした。ユーロ2004予選以降はレギュラーに定着。長年に渡ってチェコ不動の守護神としてチームを支えてきた。ワールドカップは2006年のドイツ大会と2014年のブラジル大会に出場、ユーロは2008、2012、2016の3大会に出場。同国代表歴代最多となる124試合出場を記録している。

 チェフは代表引退にあたって以下のようにコメントしている。

「自分は代表で14年間に渡ってプレーしてきた。大きな大会の予選を突破してきたね。クラブでも毎年、数多くの試合に臨んでいる。日々、100パーセントの力を出し続けるのであれば、休息と回復の時間をより多く取るべきなのではないか。そう思う段階に差し掛かったんだ」

「これは純粋に、サッカー(のプレー)に基づく決断だ。キャリアを延ばし、最高のレベルでできる限りプレーを続けるのであればバランスを見出す必要がある。そうすればプレーを長く続けられるはずだからね」

「(代表では)素晴らしい思い出があって、それを持ち続けるよ。でも自分で言ってきたように、時を止めることはできないし、将来に向けた決断をしなければいけない。これが正しい動きだと信じているよ」

「子どもの頃、自分の究極の夢が代表に入ることだった。最低でも1回は、と思っていたんだ。こんなにも多くの試合に出ることができて、本当に誇らしいよ」

SOCCER KING

最終更新:7月9日(土)8時52分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。