ここから本文です

ユーロ決勝の審判団決定…CL決勝と同じ顔ぶれ、主審はクラッテンバーグ氏

SOCCER KING 7月9日(土)11時56分配信

 UEFA(欧州サッカー連盟)審判委員会がユーロ2016決勝の審判団を発表し、イングランド出身のマーク・クラッテンバーグ氏が主審を務めることが決まった。UEFA(欧州サッカー連盟)の公式HP『UEFA.com』が8日に伝えている。

 10日に行われるユーロ決勝では、初制覇を目指すポルトガル代表と通算3回目の優勝を狙う開催国フランス代表が対戦する。

 主審を務めるクラッテンバーグ氏は41歳で、過去には2012年のロンドン・オリンピック決勝などで笛を吹いた。2015-16シーズンはFAカップとチャンピオンズリーグの決勝を担当しており、最近7週間で3回目の決勝の舞台となる。ユーロ2016では3試合を担当。決勝進出の両チームの試合で笛を吹くのは今大会初となる。

 同試合の審判団はイングランド出身者のセットとなり、主審をクラッテンバーグ氏、副審をサイモン・ベック氏とジェイク・コリン氏、追加副審をアンソニー・テイラー氏とアンドレ・マリナー氏が務める。第4審判のビクトル・カッサイ氏(ハンガリー)も含め、チャンピオンズリーグ決勝と同じ顔ぶれとなった。予備審判はイングランド出身のスチュアート・バート氏が務める。

SOCCER KING

最終更新:7月10日(日)4時30分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]