ここから本文です

ドイツ代表MFエジル、フランスとの決戦前に同僚へ送ったメールの内容とは?

SOCCER KING 7月9日(土)11時8分配信

「事実上の決勝戦」とも言われたユーロ2016の準決勝ドイツ対フランス戦は、フランスに軍配。アントワーヌ・グリエスマン(アトレティコ・マドリード)の2ゴールで、ポルトガルが待つ決勝戦に駒を進めた。

 両チームが振り分けられたのは、スペイン代表やイングランド代表など強豪ひしめく側の“山”。ドイツはイタリア代表をPK戦で下し、フランスは躍進を続けるアイスランド代表に勝利し、それぞれ準決勝に到達した形だ。

 その結果、ドイツとフランスが対戦することに决定したのだが、準々決勝終了後、ドイツ代表MFメスト・エジルはアーセナルの同僚であるフランス代表DFローラン・コシェルニーにあるメールを送ったのだそうだ。ドイツ誌『Kicker』が伝えている。

「準々決勝の後、僕はコシェルニーに『ドイツはアイスランドじゃない』とメッセージを送ったよ。彼はそれに対して、『マルセイユでの試合(準決勝)は我々、そしてファンにとって大きな試合になる』と返信してきた。どちらも試合を楽しみにしているんだ」

「ドイツはアイスランドじゃない」というのは、「ドイツはアイスランドのようにはいかない」という意味。これは準々決勝でフランスがアイスランドを5-2と下したことを受けてのものだ。

 エジルはアーセナルのチームメイトに対して、冗談半分にこのようなメールを送ったようだ。しかし結果は2-0でフランスが勝利。試合後、フランス代表の選手たちがファンとともに、アイスランドが行っていた手拍子で勝利を祝ったというのは、やや皮肉的である。

(記事提供:Qoly)

SOCCER KING

最終更新:7月9日(土)11時8分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。