ここから本文です

シュヴァインシュタイガー、ドイツ代表引退も検討か…続行を明言せず

SOCCER KING 7月9日(土)15時13分配信

 ユーロ2016準決勝でフランス代表に敗れたドイツ代表の主将を務めるMFバスティアン・シュヴァインシュタイガー(マンチェスター・U)が、今後の代表チームでの活動について言及した。ドイツ誌『kicker』日本語版が伝えている。

 シュヴァインシュタイガーは、このままドイツ代表にとどまるかとの問いに対し、「まずは距離をおいてじっくりと考える必要がある」と明言を避け、決断には時間を要するとコメント。「大会に向けて全力を尽くしてきた。二度の負傷のため、状況は困難だった」とユーロを振り返った。

 一方、FWルーカス・ポドルスキ(ガラタサライ)は「まだまだやる気がみなぎっている」と代表でのプレーを続ける意志を見せているようだが、今大会ではわずか1試合、18分間のみの出場と、シュヴァインシュタイガーとは大きく状況が異なっている。

 ともに18歳でユーロ2004のメンバーに名を連ねた両選手は、「シュヴァイニー」と「ポルディー」の愛称でも親しまれており、代表通算出場試合数はポドルスキが129、シュヴァインシュタイガーが120。ローター・マテウス氏(150試合)、ミロスラフ・クローゼ(137試合)に次ぐ記録を残している。

SOCCER KING

最終更新:7月9日(土)15時13分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]