ここから本文です

1st王者・鹿島、昨季年間王者の広島を4発撃破…浅野2ゴールも及ばず

SOCCER KING 7月9日(土)20時58分配信

 2016明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第2節が9日に行われ、サンフレッチェ広島と鹿島アントラーズがエディオンスタジアム広島で対戦した。

 2日に行われた第1節でジュビロ磐田に3-0と快勝し、好スタートを切った広島。年間勝ち点では4位につけ、首位の川崎フロンターレとの差は「9」となっている。ステージ開幕2連勝を目指す今節、先発メンバーは前節と同じ顔触れで、前線にはFW佐藤寿人と得点ランキング首位を走るFWピーター・ウタカ、さらにアーセナル移籍が決まったリオ五輪日本代表FW浅野拓磨らが入った。同じくリオ五輪日本代表のDF塩谷司も先発メンバーに名を連ねている。

 一方、ファーストステージを制した鹿島はセカンドステージ初戦、ガンバ大阪に1-3と逆転負けを喫した。年間勝ち点では2位に転落。前年王者の広島を相手にアウェーゲームに臨む今節、先発メンバーにはDFファン・ソッコが最終ラインに入り、リオ五輪日本代表DF植田直通はベンチスタートとなった。中盤にはMF柴崎岳やMF小笠原満男らが入り、前線ではFW金崎夢生が2試合ぶりに復帰し、J1通算100試合出場となったFW土居聖真と2トップを組む。

 最初の決定機は14分、鹿島の遠藤康がペナルティーエリア右角から土居とのワンツーで中央突破。得意の左足を振り抜いたが、フリーの状態から放たれたシュートは枠の左へ逸れた。21分には右サイドからのパスを受けた土居がペナルティーエリア内に持ち込んで強烈な右足シュートを放ったものの、GK林卓人に阻まれた。

 以降は互いに拮抗した展開となった。ゴール前まで迫るものの、シュートまで持ち込めない場面が続く。しかし33分、鹿島が均衡を破った。敵陣でプレスをかけて相手のパスミスからボールを奪うと、金崎がミドルシュート。GK林が弾いたこぼれ球に反応した遠藤が右足ダイレクトで蹴り込み、ゴールネットを揺らした。前半は1-0で終了した。

 後半立ち上がり、次のゴールを奪ったのは鹿島だった。右サイドからのボールを柴崎がつなぎ、中村充孝がヒールで後方に落とすと、最後は金崎が豪快に決めた。鹿島が追加点を挙げ、リードを2点に広げた。

 2点ビハインドを負った広島は54分、中央突破からスルーパスに反応した浅野が冷静に流し込んで1点を返した。しかし2分後、鹿島の土居が豪快な左足シュートを放ち、クロスバーに当たったボールがGK林に当たってゴールへ吸い込まれた。さらに2分後、今度は右CKからの攻撃で遠藤がミドルシュートを放つと、最後はこぼれ球を中村が押し込んで4点目。リードを3点に広げた。

 10分間で4ゴールが記録される激しい展開。3点を追う広島は67分、負傷明けのミキッチをピッチに送り出して反撃を期す。74分には右サイドからのクロスにピーター・ウタカのヘディングシュートが枠を捉えたが、GK曽ヶ端準が好セーブで阻んだ。

 広島は82分、浅野が縦パスに反応してペナルティーエリア右側に持ち出し、豪快な右足シュートでゴールネットを揺らした。浅野の2ゴール目で広島が2点差に迫った。

 しかし、広島の反撃はここまで。4-2で鹿島が勝利を収め、アウェーで勝ち点差を獲得した。鹿島は今シーズン、広島相手に2試合連続の4ゴールを挙げて勝利を収めた。

 ステージ初勝利を収めた鹿島が年間勝ち点を「42」に伸ばした。次節は13日、ホームに名古屋グランパスを迎える。一方、ホームで4失点を喫して敗れた広島は次節、13日に柏レイソルとアウェーで対戦する。

【スコア】
サンフレッチェ広島 2-4 鹿島アントラーズ

【得点者】
0-1 33分 遠藤康(鹿島アントラーズ)
0-2 49分 金崎夢生(鹿島アントラーズ)
1-2 54分 浅野拓磨(サンフレッチェ広島)
1-3 56分 土居聖真(鹿島アントラーズ)
1-4 58分 中村充孝(鹿島アントラーズ)
2-4 82分 浅野拓磨(サンフレッチェ広島)

SOCCER KING

最終更新:7月9日(土)21時9分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]