ここから本文です

川崎&横浜FMが2戦連続の快勝で首位…鹿島は昨季王者・広島下す/J1・2nd第2節

SOCCER KING 7月9日(土)22時38分配信

 2016明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第2節が9日に各地で行われた。

 年間勝ち点で首位に立つ川崎フロンターレは、敵地で名古屋グランパスと対戦。26分に小林悠のゴールで先制すると、53分に大久保嘉人、77分には中村憲剛が追加点を挙げ、3-0で快勝している。

 ファーストステージ王者の鹿島アントラーズは敵地で昨季王者のサンフレッチェ広島と対戦。33分に遠藤康の得点で先制した鹿島は、49分に金崎夢生が追加点を挙げる。54分にアーセナルへの移籍が決定している浅野拓磨に1点を返されたが、直後の56分と58分にゴールを奪いリードを広げると、終盤に失点を喫したものの4-2で打ち合いを制した。

 セカンドステージ開幕節で3-0と快勝した横浜F・マリノスはホームでアビスパ福岡と対戦。前半に齋藤学のゴールで先制すると、後半には富樫敬真が追加点をマーク。終了間際には伊藤翔にもゴールが生まれ、2戦連続3-0と好調を維持し、川崎と並んでセカンドステージ首位に立っている。

 そのほかの結果は以下のとおり。

■J1 2nd第2節結果
▼名古屋グランパス 0-3 川崎フロンターレ
得点
0-1 26分 小林悠(川崎)
0-2 53分 大久保嘉人(川崎)
0-3 77分 中村憲剛(川崎)

▼ガンバ大阪 3-1 ベガルタ仙台
得点
1-0 14分 米倉恒貴(G大阪)
1-1 54分 ハモン・ロペス(仙台)
2-1 78分 パトリック(G大阪)
3-1 90+2分 パトリック(G大阪)

▼浦和レッズ 2-0 柏レイソル
得点
1-0 32分 阿部勇樹(浦和)
2-0 50分 李忠成(浦和)

▼FC東京 1-0 ヴァンフォーレ甲府
得点
1-0 6分 森重真人(FC東京)

▼横浜F・マリノス 3-0 アビスパ福岡
得点
1-0 38分 齋藤学(横浜FM)
2-0 48分 富樫敬真(横浜FM)
3-0 90+3分 伊藤翔(横浜FM)

▼アルビレックス新潟 0-1 湘南ベルマーレ
得点
0-1 32分 アンドレ・バイア(湘南)

▼ジュビロ磐田 1-1 大宮アルディージャ
得点
1-0 65分 ジェイ(磐田)
1-1 80分 ネイツ・ペチュニク(大宮)

▼ヴィッセル神戸 2-2 サガン鳥栖
得点
1-0 8分 レアンドロ(神戸)
1-1 32分 金民友(鳥栖)
1-2 46分 鎌田大地(鳥栖)
2-2 65分 渡邉千真(神戸)

▼サンフレッチェ広島 2-4 鹿島アントラーズ
得点
0-1 33分 遠藤康(鹿島)
0-2 49分 金崎夢生(鹿島)
1-2 54分 浅野拓磨(広島)
1-3 56分 土居聖真(鹿島)
1-4 58分 中村充孝(鹿島)
2-4 82分 浅野拓磨(広島)

■J1 2nd第2節順位表(カッコ内の順位は年間順位)
1位 川崎(1位)(勝ち点6/得失点差6)
1位 横浜FM(7位)(勝ち点6/得失点6)
3位 G大阪(5位)(勝ち点6/得失点4)
4位 浦和(3位)(勝ち点6/得失点3)
5位 神戸(10位)(勝ち点4/得失点3)
6位 鳥栖(13位)(勝ち点4/得失点1)
7位 大宮(6位)(勝ち点4/得失点1)
8位 広島(4位)(勝ち点3/得失点1)
9位 鹿島(2位)(勝ち点3/得失点0)
10位 FC東京(9位)(勝ち点3/得失点0)
11位 柏(8位)(勝ち点3/得失点-1)
12位 湘南(14位)(勝ち点3/得失点-2)
13位 磐田(11位)(勝ち点1/得失点-3)
14位 新潟(15位)(勝ち点0/得失点-2)
15位 福岡(18位)(勝ち点0/得失点-4)
16位 名古屋(16位)(勝ち点0/得失点-4)
16位 甲府(17位)(勝ち点0/得失点-4)
18位 仙台(12位)(勝ち点0/得失点-4)

■J1 2nd第3節対戦カード(7月13日)
仙台 vs 浦和
鹿島 vs 名古屋
大宮 vs G大阪
柏 vs 広島
川崎 vs 新潟
横浜FM vs 神戸
湘南 vs 鳥栖
甲府 vs 磐田
福岡 vs FC東京

SOCCER KING

最終更新:7月9日(土)22時56分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合