ここから本文です

岡崎のライバルが誕生、レスターがクラブ記録の20.8億円でムサ獲得!

ゲキサカ 7月9日(土)10時36分配信

 日本代表FW岡崎慎司が所属するレスター・シティは8日、CSKAモスクワからナイジェリア代表FWアーメド・ムサ(23)を獲得したことを発表した。契約期間は4年で、移籍金は、英『BBC』によればレスターのクラブレコードである1600万ポンド(約20億8000万円)とのことだ。

 VVVフェンロから12年1月に5年契約でCSKAに移籍していたムサは、日本代表FW本田圭佑ともプレー。15-16シーズンはリーグ戦29試合に出場し、13ゴールをマークしていた。

 クラブを通じムサは「レスターに加入できてとても嬉しい。僕にとって最高のクラブの1つだよ。プレミアリーグでもここは最高のクラブの1つだし、彼らは家族のようなクラブなんだ。それがレスターへ加入した理由だよ。本当に興奮してる」と喜びを語った。

最終更新:7月9日(土)12時10分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。