ここから本文です

室屋JデビューのFC東京が悪夢払拭! 森重の決勝ヘッドで甲府下す

ゲキサカ 7月9日(土)21時22分配信

[7.9 J1第2ステージ第2節 FC東京1-0甲府 味スタ]

 FC東京はヴァンフォーレ甲府に1-0で勝利し、第2ステージ初白星をおさめた。また、前節・鳥栖戦でのアディショナルタイムに逆転される悪夢を払拭した。

 試合は開始早々に動く。前半6分、FC東京はJ1デビューを果たしたリオデジャネイロ五輪代表のDF室屋成が縦に仕掛けて右CKを獲得すると、MF河野広貴がGKが出られない場所に早い弾道のボールを送る。これをマークを外して飛び込んだDF森重真人がヘディングシュートで決め、先制点。同32分には、MF米本拓司の浮き球パスで裏を取った室屋が右足シュートを放つもゴール右に外れた。

 甲府はDF新井涼平が約2か月ぶりに復帰したが、MFビリー・セレスキーがトレーニング中に負傷。FWチュカもメンバー外となり、オール日本人でこの試合に臨んだ。後半13分、MF稲垣祥が素早いプレッシャーで敵陣でボールを奪い、リターンを受けてPA左から中央に折り返す。これをMF田中佑昌が右足でダイレクトシュートも枠を大きく外し、チャンスを逃した。

 終盤に向けて攻勢を強めた甲府は後半43分に絶好のチャンスが訪れる。DF渡邉将基が右サイドから上げたクロスを稲垣がヘディングシュート。決まったかに思われたがクロスバーに嫌われ、跳ね返りを稲垣がつないでFW森晃太が押し込もうとしたが、GK秋元陽太にクリアされ、千載一遇のチャンスを逃し、第1ステージから4連敗となった。

最終更新:7月9日(土)21時22分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]