ここから本文です

首位川崎F快勝も…憲剛がアフタータックルで負傷交代

ゲキサカ 7月9日(土)21時25分配信

[7.9 J1第2ステージ第2節 名古屋0-3川崎F パロ瑞穂]

 川崎フロンターレのMF中村憲剛が負傷退場した。

 年間首位の川崎Fは敵地で名古屋グランパスと対戦。前半36分にFW小林悠のヘディングシュートで先制すると、後半8分にはFW大久保嘉人の3試合ぶりとなる今季12点目で追加点。同32分には憲剛がダメを押し、3-0で快勝。不敗をクラブ記録を更新する11戦に伸ばして首位をキープした。

 しかし心配なアクシデントも。後半39分、憲剛と名古屋MFイ・スンヒが接触。ボールを前に蹴り出した憲剛の右足にタックルが入ってしまった。このプレーが悪質と判断した扇谷健司主審は、イ・スンヒに対し即座にレッドカードを突きつけた。憲剛は担架に乗せられそのままピッチを後にした。

 第2ステージも好調を続ける川崎Fだが、第1ステージの優勝がかかっていた6月18日の福岡戦、腰痛のために背番号14を欠いたチームはまさかの引き分けでタイトルを逃す要因となってしまった。改めて気づかされた大黒柱の存在。それだけに今回も軽傷を祈るばかりだ。

最終更新:7月9日(土)21時25分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]