ここから本文です

磐田vs大宮は昨季から4戦4分…大宮がペチュニクの同点弾で勝ち点を拾う

ゲキサカ 7月9日(土)22時11分配信

[7.9 J1第2ステージ第2節 磐田1-1大宮 ヤマハ]

 ジュビロ磐田と大宮アルディージャの一戦は1-1で引き分けに終わった。これで昨季からこのカードはリーグ戦で4戦4分となった。

 磐田はMFアダイウトンとFWジェイを中心にゴールに迫る。前半7分、右クロスのこぼれ球をアダイウトンが右足シュート。カットされたボールを再びアダイウトンが左足で狙うもクロスバーに嫌われた。それでも均衡を破ったのは磐田だった。後半20分、右サイドからMFアダイウトンが上げたクロスをFWジェイがヘッドで合わせ、スコアを1-0とした。

 MF家長昭博とDF和田拓也を負傷で欠く大宮は前半16分に決定機。左サイドからのクロスをFWネイツ・ペチュニクが落として、FW江坂任がシュートコースを作って右足シュートもゴール左へ。なかなか磐田の守備を崩せないでいたが、0-1で迎えた後半35分、MF泉澤仁が左サイドを抜け出して中央に折り返すと、ニアに飛び込んだペチュニクが右足で流し込み、1-1。終了間際にはDF河本裕之のミドルはクロスバーを叩き、逆転とはならなかった。

 試合は1-1で大宮が勝ち点を拾った。試合後のインタビューでペチュニクは、「時間がかかって遅れてしまいました。自分のゴールはもちろんうれしいですが、それよりもチームの成績が重要ですから、チームが勝ち点を積み上げること、これが一番重要だと思います」と語り、今季初ゴールで同点も笑顔はなかった。

最終更新:7月9日(土)22時11分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。