ここから本文です

ミラ・クニス、普段はノーメイク!

cinemacafe.net 7月10日(日)8時0分配信

ミラ・クニスはしっかりメイクが好きではないそうだ。

美容に長時間をかけるタイプではないというミラは、たくさんのコスメ用品を使わず、髪の毛も毎日洗わないと認めると同時に、美を求めて努力を惜しまない女性を称賛しているという。

【画像】ミラ・クニス/フォトギャラリー

ノーメイクで表紙を飾ったグラマー誌のインタビューで好みのメイクについて尋ねられたミラは「私は普段ノーメイクなの。毎日髪の毛も洗わないしね。私には向いてないの。でもアイライナーをひくために30分も40分も早く起きる女性達は尊敬するわ。素晴らしいことよね。私がそういう人間じゃないってだけなの。だからメイクアップアーティストがフェイスクリームだけ塗って送り出すような今回の撮影は『あら、すごくラクね』って思ったわ。それでも守られているしね。誰も悪くみせようとなんてしていないもの」「何も裸で道を歩かされてじろじろ見られているわけじゃないじゃない!」と語った。

夫アシュトン・カッチャーとの間に1歳の娘を持つミラは、写真に修正を加えて自分とは思えないバージョンを作りだされることは大嫌いだそうで、「1度撮影を引き受けたらあまりにも修正を加えられて『こんなのもう私じゃないわ』って思ったほどの会社があるの。だって何の意味があるわけ? 私の名前だけは使いたかったけど、実際の私ではないバージョンを作り上げているわけでしょ? そういうのは大嫌いだわ」「目のむくみをごまかして欲しいことがあるかって? だったら照明でなんとかしてもらいたいわ。でも足を長く見せたり、ウエストを細く見せたり、お尻の形をよく見せたり、首を長く見せたりとかなんてお断りよ」と写真修正技術の使用を一蹴した。

(C)BANG Media International

最終更新:7月10日(日)8時0分

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。