ここから本文です

スクールボーイ・Qがカニエ、アンダーソン・パーク、タイラーら参加の新作を発売

bmr.jp 7月10日(日)22時40分配信

スクールボーイ・Qがカニエ、アンダーソン・パーク、タイラーら参加の新作を発売

スクールボーイ・Qがカニエ、アンダーソン・パーク、タイラーら参加の新作を発売

ケンドリック・ラマーらを擁するTDEに所属するラッパーで、2014年に発表したメジャー・デビュー作『Oxymoron』が見事全米チャート初登場1位を記録するヒットとなったスクールボーイ・Qが、待望のメジャー2作目となるニュー・アルバム『Blank Face LP』を発売した。

ケンドリック・ラマー、アブ・ソウル、ジェイ・ロックらと共にブラック・ヒッピーというクルーの一員としても知られるスクールボーイ・Q。ブラック・ヒッピーの中でもケンドリックに続いてメジャー・デビューを果たした彼は、2014年発表のメジャー・デビュー作『Oxymoron』が初登場1位になり、BJ・ザ・シカゴ・キッドとの“Studio”や、“Man Of The Year”といった曲がヒット。また、2013年に大ブレイクしたマックルモア&ライアン・ルイスの“White Walls”にゲスト参加し、全米チャート最高15位のヒットとなったほか、ティナーシェ“2 On”など客演曲でも活躍している。

昨年4月には早くも新曲“Groovy Tony”を発表する一方で、クリス・ブラウン&タイガやエイサップ・ロッキー、エイサップ・ファーグ、アンダーソン・パークらの話題作にゲスト参加するなど活発に活動を続けていたスクールボーイ・Qが、およそ2年ぶりとなる新作『Blank Face LP』を完成。7月8日に発売となった。

全17曲となった『Blank Face LP』には、先行カットとなった“THat Part”でカニエ・ウェストをゲストに迎えたのに加え、E-40、ザ・ドッグ・パウンドといったベテランや、同じTDE所属のSZA、ランス・スカイウォーカー、またヴィンス・ステイプルズ、ミゲル、アンダーソン・パーク、キャンディス・ピレイといった西海岸勢がやはり多く参加。他にも東海岸はニューヨークからジェイダキス、ジャスティン・スカイらもゲスト・アーティストに名を連ねている。

制作陣も、テイ・ビースト、サウンウェイヴらTDE作品でおなじみの面々から、タイラー・ザ・クリエイター、DJダーヒ、デム・ジョインツらに、スウィズ・ビーツ、アルケミスト、メトロ・ブーミン、サウスサイド、フランク・デュークスなど多彩な顔ぶれを揃えている。

加えて、「ケンドリックが俺のためにバックグラウンド・ボーカルをたくさんやってくれた」とラジオ番組で語っていたとおり、テラス・マーティンがベースで加わった“Black THougHts”など数曲でケンドリック・ラマーの名前も。一方で、アルバム発売直前には、“THat Part”にケンドリックらブラック・ヒッピー勢が参加した新バージョンを公開しファンを喜ばせたものの、このブラック・ヒッピー・リミックスはアルバム未収録に。

また、この“THat Part (Black Hippy Remix)”で長年待たれているブラック・ヒッピーのアルバムへの期待が高まったが、ラジオ番組で彼は、「難しいね。もう数ヶ月したら俺はツアーを始めるし、ケンドリックも忙しい。アブ・ソウルは新作を完成させたばかりで、その後ツアーに出るだろう。ジェイ・ロックはツアー中で……娘もいるしね。俺にも娘がいる。実際にスタジオに入って作る時間なんてどこにあるんだ?」と、実現する可能性は低い旨をコメント。ジェイ・ロックも昨年、「ブラック・ヒッピーのアルバムが出る予定はない。ブラック・ヒッピーの質問をされ続けるのはもうウンザリだ」と話していた。

1. TorcH
2. Lord Have Mercy
3. THat Part (feat. Kanye West)
4. Groovy Tony / Eddie Kane (feat. Jadakiss)
5. Kno Ya Wrong (feat. Lance Skiiwalker)
6. Ride Out (feat. Vince Staples)
7. WHateva U Want (feat. Candice Pillay)
8. By Any Means
9. Dope Dealer (feat. E-40)
10. JoHn Muir
11. Big Body (feat. Tha Dogg Pound)
12. Neva CHange (feat. SZA)
13. Str8 Ballin
14. Black THougHts
15. Blank Face (feat. Anderson .Paak)
16. Overtime (feat. Miguel & Justine Skye)
17. Tookie Knows II (feat. Traffic & T&F)

最終更新:7月10日(日)22時40分

bmr.jp

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。