ここから本文です

「ケチケチ」ロンブー淳にキャバクラ嬢がブーイング

東スポWeb 7月10日(日)10時14分配信

 お笑いコンビ「ロンドンブーツ1号2号」の田村淳(42)がケチケチぶりでキャバクラ嬢からブーイングを浴びている。

 かつて“お笑い界ナンバーワンのモテ男”だった淳も2013年9月に元モデルの女性(32)と結婚。「入籍から3年。もともと、淳は子供好きを公言しているだけに、子づくりに意欲的みたいですよ」とテレビ局関係者。

 最近は自身のインスタグラムで「結婚式をプロデュースする会社を立ち上げました」と発表。「結婚式をプレゼントするという新しい形」を提案するコンセプトで、大企業の社長、投資ファンド経営者、テレビ関係者で共同経営するといい、実業家の顔も見せ始めた。

 ただ、ネット上には淳のブライダル業界進出に批判的な声が多い。「冠番組の『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)では、浮気するかを検証する企画など、隠し撮り、ドッキリなどを仕掛ける姿を見ているだけに『何かをたくらんでる』『好感度がないから、上げようとしているのか』『淳が関わるだけでうさんくさく感じる』など手厳しい声が噴出している」(前同)

 淳のキャラを考え「キャバクラやホストクラブ経営の方が合っている」という意見もネット上では散見されるが、実際“夜の蝶”からも懐疑的な声が漏れているという。

「淳は新宿のキャバクラ『V』を後輩芸人たちと訪れ、キャバ嬢と戯れていたのを目撃されている。その店は店内の場所によって料金が違うのですが、淳は他の客から丸見えの最も安い席で飲んでいた。ドリンクも渋りまくり、ブーイングを浴びていましたね」(業界関係者)

 淳の妻といえば「(淳が浮気をしたら)一緒に反省します」と結婚を電撃発表したときに話した姿が“プロ彼女”“できすぎた嫁”と話題になったが…。

「モデルの傍ら、キャバクラ勤めをしていた過去を週刊誌などで報じられ、六本木の高級キャバクラではナンバーワンを取ったこともあったほど。淳はそもそもキャバ嬢が好きなんじゃないですかね」(前出業界関係者)と言われた淳は何と返すか。

最終更新:7月10日(日)10時14分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。