ここから本文です

ガタンと音が…俳優がスタントマンをはねる

シネマトゥデイ 7月10日(日)4時0分配信

 ライアン・フィリップ主演のテレビドラマ「シューター(原題) / Shooter」の撮影現場で、俳優のトム・サイズモアがスタントマンを車ではねる事故が起きたとTMZ.comが報じた。

【写真】若いころのトム・サイズモア

 撮影は7月6日(現地時間)にロサンゼルス近郊の飛行場で行われていたとのこと。スナイパーが絡んだシーンで、トムはSUVの中に駆け込み、シーンが終わるまで車の中で待機をするはずだったらしい。しかし、彼は車に乗り込んだ後、車をバックさせ、スタントマンをはねて下敷きにしてしまった。

 男性8人でも車を持ち上げられなかったため、ジャッキを使ってスタントマンは救出され、近くの病院までヘリで搬送された。肋骨と手首を骨折しており、手術を要するが命に危険はないらしい。

 トムの代理人によると、彼はスタントコーディネーターから車に乗ったら発進するよう告げられていたとのこと。計3台の車が一度に発進したが、ガタンという音を聞くまでトムはスタントマンには気づかなかったという。プロデューサーもトムを責めてはいないそうだ。

 同ドラマは、マーク・ウォールバーグ主演の映画『ザ・シューター/極大射程』をテレビシリーズ化した作品で、亡命生活を送っている元海兵隊のスナイパー、ボブ・リー・スワガー(ライアン)が、米大統領暗殺計画の存在を知り、戻ってくるというストーリー。

 トムはアメリカを世界のトップにするためには、何でもするCIA諜報員ヒュー・ミーチャム役で出演している。(澤田理沙)

最終更新:7月10日(日)4時0分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。