ここから本文です

玄関口で富山湾の幸 富山駅南口 「さかな屋撰鮮」完成

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ 7月10日(日)9時24分配信

 16日にオープンする「富山駅前 さかな屋撰鮮(せんせん)」の竣工(しゅんこう)・祝賀会は9日、JR富山駅南口広場の同店舗内で行われ、関係者約100人が出席した。15日午前11時からプレオープンする。

 富山湾で水揚げされた鮮魚を提供し、県民や旅行者に気軽に魚や酒を楽しんでもらえる店を目指す。食事ができる飲食店スペース(約80席)と、水産物を販売する鮮魚店スペースがあり、飲食店では「本日のまかない丼」や「さかな屋のにぎり寿司(ずし)」などさまざまなメニューを振る舞う。

 事業主体は駅周辺の商業者らでつくる富山駅前活性化研究会(白倉三喜会長)で、富山市が所有する土地を借り、2019年9月末までの約3年間、期間限定で運営する。敷地面積約540平方メートル、総工事費約2億円。

 竣工・祝賀会では白倉会長が「3年という短い間だが、お客さんのおもてなし、富山の漁業のPRになればいい」とあいさつした。石井隆一知事、中村純富山市副市長、山地清富山信用金庫理事長が祝辞を述べた。

最終更新:7月10日(日)9時24分

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ