ここから本文です

【NFL】フランチャイズ指定選手との交渉結果を予想 -後編-

NFL JAPAN 7月10日(日)12時27分配信

 NFL.comのコナー・オアー氏が、現地15日に迫ったフランチャイズ指定選手に対する長期契約の合意期限を前に、各選手とチームがどういう結末に至るか予想している。

Sエリック・ベリーとカンザスシティ・チーフス
契約合意の可否予想:YES
 最近も交渉はないと報じられいるが、昨季もLBジャスティン・ヒューストンが速攻で契約に至った事実は忘れられがち。契約延長は難しいと思われたヒューストンは、最終日の7月15日に6年1億100万ドル(約102億円)で合意に達した。がんを克服してプロボウルにも選出されたベリーはチームの顔であり、最高給Sとして長期契約を結ぶのにふさわしい選手だ。

CBトルメイン・ジョンソンとロサンゼルス・ラムズ
契約合意の可否予想:NO
 当初はラムズが26歳のジョンソンとの長期契約に乗り気かと思ったが、現時点でも本格的な動きはない。ラムズは小規模な再建中で500万ドル(約5億円)以上のキャップスペースがあり、フランチャイズ指定での1年契約でも大丈夫。ジョンソンはここ2年で16試合にフル出場できておらず、昨季の成績は出来過ぎなくらいだった。1年契約とすることで最終確認が可能となる。

Kジャスティン・タッカーとボルティモア・レイブンズ
契約合意の可否予想:NO
 レイブンズのサラリーキャップの状況は落ち着きを取り戻したが、チーム公式サイトのコラムニストを務めるジョン・アイゼンバーグ氏は、レイブンズは以前にKビリー・カンディフと5年1,470万ドル(約14億8,000万円)の契約を結んで失敗したことから、Kとの長期契約には慎重になるかもしれないとの見方を示している。

<NFL>

最終更新:7月10日(日)12時27分

NFL JAPAN