ここから本文です

支持政党なし、60万票獲得 入念なポスター戦略 佐野代表「4人並ぶか心配だった」「次回も挑戦」

withnews 7月11日(月)5時58分配信

 選挙のたびに注目を集める「支持政党なし」。前回衆院選で10万票を獲得、今回の参院選では60万票を獲得し初議席にまた一歩、近づきました。佐野秀光代表は「意義はあった。次回の衆院選も同じ党名で立候補したい」と語りました。票を伸ばした要因の一つが、入念なポスター戦略でした。話題を呼んだ「支持政党なし」は、今回の参院選をどのように戦ったのでしょうか。佐野代表に聞きました。

【画像】4枚並んだ「支持政党なし」ポスター、長男と当選を喜ぶ今井絵里子氏 参院選投開票日の風景

横一列のポスター

 今回、「支持政党なし」は、東京選挙区の4人など選挙区に計8人、比例区に2人を擁立し、初の議席獲得を目指してきました。東京選挙区では、候補者名がなく「支持政党なし」と書かれたポスターが横一列に並んだ光景に、思わず足を止めたり、写真を撮る人も出ていました。

 ネット上では、党名の紛らわしさを指摘する声がある一方、「出口調査に現れにくいから、開票してみないとわかない」という分析も。筑波大学助教の落合陽一さんは自身のツイッターで「議会制民主主義をインターネット直接民主主義に変えるってプロセスに挑戦してる」と指摘しました。

法案の採決にネットで参加

 政党名と同じくらい特徴的なのが、インターネットで政策の是非を募るという方法です。「支持政党なし」のサイトでは、参院選で議席を獲得した場合、ネットで法案の賛否を党員に質問。画面上で「賛成・反対」を選んで送信し、議員はその結果を踏まえて賛否を決めると説明しています。

「議員の意志はまったく無視」
「党員の方々の使者となりきる」

 ここまで言い切る姿勢には、批判的な意見も出ています。

 法案の可否を決めるシステムで正しい民意が反映されるかどうかについて、佐野代表は「同一のIPアドレスからは2回投票が出来ないようにしている」と反論しています。

 一方で、「賛否参加システムは投票総数が少ないと、特定の団体などに支配される可能性がある」と率直に認めています。

 その上で、「党員が増えれば増える程ある団体による支配が難しくなる。他の団体が支配しようと考える位の存在になれれば逆に支配されないと思っております」と説明しています。

1/2ページ

最終更新:7月11日(月)5時58分

withnews

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。