ここから本文です

蓮舫氏、当選確実の報道に「ありがとうございました」

THE PAGE 7/10(日) 20:23配信

THE PAGE

 10日に投開票された参院選・東京選挙区で、民進党の蓮舫氏は、東京都港区の事務所で支援者らと喜びを分かち合った。午後8時過ぎに事務所内に設置されたテレビで当選確実が報道されると、支援者らの前に現れ、「ありがとうございました」と言いながら深々と頭を下げて感謝の意を示した。

【参院選2016 第一声】民進党 東京選挙区・ 蓮舫(全文)

 報道陣から何が有権者の支持を集めたか問われると、蓮舫氏は「はっきりした姿勢だと思います。政府をただ批判するだけでなく、良いところは良いと評価し、悪いところは悪いと。そして対案をしっかりだす。物言いを含めた姿勢だと思う」と話した。

 改憲勢力が参院で3分の2に迫る勢いであることについては、「やはり改憲というものに対して慎重な姿勢の方たちが非常に多かったです。ただ3分の2ということの、現実的に何がどう変わるのか、まだ理解されていない環境も一方であった」と分析した。

 事務所には民進党の松原仁・都連会長や長島昭久・元防衛副大臣らが同席したが、都知事選などについて触れる場面はなかった。海江田万里・元民主党代表も姿を現した。

 蓮舫氏はタレントから国政に転じ、民主党政権時代に内閣府特命担当相(行政刷新)を担ったほか、現在は民進党の代表代行を務める。

最終更新:7/11(月) 6:24

THE PAGE

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。