ここから本文です

藤井フミヤ 新作に松本孝弘からの提供曲を収録。意外にもポップなメロディーに驚き/インタビュー

エキサイトミュージック 7/10(日) 10:15配信

 
■藤井フミヤ/New Album『大人ロック』インタビュー(2)

藤井フミヤが4年ぶりとなるオリジナル・アルバム『大人ロック』をリリースする。そのタイトル通り、一曲一曲から“大人”の雰囲気が醸し出される一枚となっており、楽曲提供している作家陣も“大人”な面々が並ぶ。そんな中でも、松本孝弘の提供曲(「エデンの起源」、「ひとりごと」)には意外なイメージがあったと言う。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「『(松本がアメリカの)L.Aで書いてくる』って言うから、一応のオファーは『アメリカンロックな感じでよろしくお願いします』って言ったのに、全然そんな感じじゃなくて、ポップなメロディーが来たから。デモテープを初めて聴いたとき、松本さんが藤井フミヤに書くというイメージで書いたらこうなっちゃうんだな、って。もっとGuns N’ Rosesみたいな曲が来んだろって思ってたのに(笑)。とはいえ、『エデンの起源』の歌詞は難産だったな。メロディーがポップだからどう考えても楽しい恋愛の歌だな、ハートブレイクじゃないよな、と思って。でも、なかなかこの歳で恋愛の歌を書くっていうのが難しくて。だから、第三者として『この二人はどうなっちゃうんだろう?』って、傍から見ている感じで書き始めたのよ。だけど、最後の最後で、やっぱ自分のことにしないと面白くないなって思って、<連れてゆこう>って言葉に変えたんだけど、ちょっと気恥ずかしくてね」

このアルバムのリリース後、藤井フミヤは9月より2年ぶりとなる全国ツアー【FUMIYA FUJII CONCERT TOUR 2016 大人ロック】を開催する。
(取材・文/瀧本幸恵)
※このインタビューの全文は後日掲載予定。

最終更新:7/11(月) 9:45

エキサイトミュージック