ここから本文です

flumpoolが4度目の台湾ライブ 積極的にファンと交流、流行楽曲も熱唱

中央社フォーカス台湾 7月10日(日)15時47分配信

(台北 10日 中央社)4人組のロックバンドflumpool(フランプール)が9日、台北市内で4度目となる台湾ライブを開催した。メンバーは中国語や台湾語を駆使して積極的にファンと交流を図ったほか、台湾の流行楽曲を熱唱して会場を盛り上げた。

メディアへの露出度を高めようと、毎回さまざまな話題作りで注目を集めるフランプールの台湾ライブ。今回はボーカルの山村隆太が台湾映画「私の少女時代」の主題歌でヒビ(Hebe、田馥甄)の「小幸運」、ギターの阪井一生は、人気デュオUNDER LOVER(地下情人)の「痴情[王攵]瑰花」などを披露。終始大きな歓声が上がった。

(呉ワンテイ/編集:齊藤啓介)

最終更新:7月10日(日)15時47分

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。