ここから本文です

野村敏京は後退8位 世界1位リディア・コーのスゴさは

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 7月10日(日)9時44分配信

メジャー初制覇の夢が遠のいた。カリフォルニア州のコーデバルGCで開催中の「全米女子オープン」3日目。5アンダーの4位タイから出た野村敏京は後半にスコアを落として「75」(パー72)に終わり、通算2アンダーの8位タイに後退した。

最新画像続々アップ!「全米女子オープン」フォトギャラリー

トップに3打差と絶好の位置で迎えたムービングデー。野村は前半3番(パー5)で奥から3mを沈めてバーディを先行。同組の世界ランク1位、リディア・コー(ニュージーランド)とともに上位陣の一画を陣取った。

流れが悪く傾いたのは、バーディチャンスを生かせないまま迎えた中盤。7番からの2連続ボギーの後「距離感が合わなかった。思ったよりも重たかった」とグリーン上で苦しんだ。終盤17番ではフェアウェイからの2打目を左の深いラフに曲げ、3打目のアプローチはグリーンまで届かず4オン1パットのボギーとした。

6番終了時までに通算6アンダーで並んでいたコーは、終わってみれば7アンダー単独首位で最終日へ。ふたりは1Wの飛距離、アイアンの使用番手もほぼ同じだが、野村は「彼女は怒らないです。ぜんぜん。集中力がすごい」とメンタル面の安定感を賞賛した。

差は5ストロークに広がったが、残り100ydの第3打をピンそば1mにつけた締めくくりのバーディが逆転への活力になる。「きょうは短いパーパットが入ってくれなかった。でもそれもゴルフです。調子が悪いというわけではないので。みんな、ミスはしますよ。メジャーですし」。開幕前から一貫して、攻略のキーポイントを「我慢強さ」と強調してきた。「あしたはトータル2アンダーでもラクにトップ5に入ると思います」という口ぶりには、今季2勝の風格さえ漂った。(カリフォルニア州サンマーティン/桂川洋一)

最終更新:7月10日(日)9時44分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]