ここから本文です

<深田恭子>「妹ってずるい」 姉の本音を語る

まんたんウェブ 7月10日(日)12時44分配信

 女優の深田恭子さんが10日、東京都内で行われた映画「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」(ジェームズ・ボビン監督)の大ヒット舞台あいさつに登場。今作には女王姉妹が登場するが、「6歳下の妹がいる」という深田さんは、「妹が何かしたときに一緒に連帯責任で怒られることがあったので、妹ってずるいって思うようなことがあった」と姉の本音を明かしつつ、「でも、今はよく会っています。仲良しです」と姉妹仲を語った。

【写真特集】白のシフォンドレス姿 深キョンの全身ショット

 「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」は、ティム・バートンさんが監督を務め、ジョニー・デップさんが出演したことも話題になった「アリス・イン・ワンダーランド」の続編。悲しい過去に心を奪われたマッドハッターを救うため、時間をさかのぼるアリスの冒険を描く。深田さんは、白の女王(ミラーナ)の日本語吹き替え版声優を担当。舞台あいさつには、白の女王の姉・赤の女王(イラスベス)役の朴ロ美さん、それぞれの子供時代を演じた内藤穂之香さん、石井晏璃(あめり)さんも登壇した。

 今作では、女王姉妹の確執も描かれているが、朴さんは「(劇中で赤の女王が白の女王に)『謝ってほしかった』というシーンがあるんですが、私も昔、姉の大事にしていたものをグチャグチャにしてしまったことがあったらしくて、それを30歳過ぎてから『謝れ』と言われた。みなさんも何かしらそういうエピソードもあるんじゃないかなと。共感できるシーンがあるんじゃないかと思います」と実感を込めて語っていた。

最終更新:7月19日(火)0時16分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。