ここから本文です

自民・中川雅治氏「経済の好循環進める」 当確の報を受け抱負

THE PAGE 7/10(日) 21:13配信

THE PAGE

 10日に投開票された参院選・東京選挙区で、自民党の中川雅治氏は午後8時過ぎ、当選確実が報じられると東京都港区の事務所で「経済の好循環を進めていく」と抱負を語った。

【参院選2016第一声】 自民党 東京選挙区・中川雅治(全文)

 事務所には、午後7時半過ぎから、石原伸晃経済再生相や丸川珠代環境相ら現職閣僚や自民党都連の内田茂幹事長ら自民党国会議員や都議会議員が続々と訪れた。

 開票締め切り後すぐに中川氏の当確が報じられると、事務所内に「ウオー」という歓声が沸き上がり、拍手が起きた。会場に登場した中川氏は笑顔で支援者ら一人ひとりと握手。石原伸晃氏の後にあいさつに立ち、「アベノミクスは道半ば。あらゆる政策を総動員して経済の好循環を進める。東京五輪・パラリンピックの成功に全力を尽くす」と語った。その後、支援者らと万歳三唱した。

 中川氏は、大蔵省(現財務省)出身で、参院国家安全保障特別委員長、議院運営委員長などを歴任し、現在、党総務会長代理を務める。

最終更新:7/11(月) 6:23

THE PAGE

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。