ここから本文です

「デジタルツールが使えないウェルス・マネージャーは用なし」と考える超富裕層が増加

ZUU online 7月10日(日)10時10分配信

「資産管理や投資にデジタルツールを使えないマネジメント会社は用なし」と考える超富裕層が急増している。

世界23カ国、若年層から高齢層まで実に5200人以上の超富裕層の65%が「洗練されたデジタル・チャンネル」を重要視していることが分かった。英大手コンサルタント会社キャップジェミニの「ワールド・ウェルス・レポート」によるデータだ。

こうした需要の高まりに、年齢層や地域に関係なく81.3%のウェルス・マネージャーが「デジタル・ツールは重要な役割を果たしている」と回答し、知識とツールへの要求が高まっている。

■デジタル化に出遅れると収益が50%落ちる

レポートには非常に興味深いシミュレーションが掲載されている。最適なデジタル・ツールを提供していないウェルス・マネジメント会社の収益は、最高56%まで落ちこむというのだ。

超富裕層の72.9%が「ウェルス・マネジメント会社、あるいはマネージャーが提供するデジタル・ツールが、今後2年の間により多くの資産を投資するかどうかの決定に影響する」と答えている。ここからも、資産活用とデジタル・テクノロジーの連携は、今後ますます必要不可欠なものになると予想できる。

この傾向は特に40歳以下の超富裕層に強く、この年齢層の86.5%が同意している。これらの若年層が今後顧客の主流に移行したときに、業績を伸ばし続けるには、デジタル化していることがどんなに重要であるかが分かる。

■自社のツールに不満足のマネージャーが半数以上

ウェルス・マネージャー側から見たデジタル化の最大の利点は大きく4つ挙げられている。いずれも8割以上のマネージャーが利点だと答えたものだ。「顧客との共同作業の向上」、「顧客データを最大限に活かした、利益創出の可能性の特定」、「書類事務の省略による経費節減」、「顧客のニーズに見合った投資プランの提案」だ。

ウェルス・マネージャーが最も重要視しているデジタル・ツールはソーシャル・メディアだ。40歳以下の若いマネージャーの間で70%、60歳以上の熟練マネージャーの間でも33%が活用していると答えている。iPadの利用も顧客からの要望が高く、スマートフォンやソーシャルメディアとともにすっかり定着している。一方で、自社のデジタル・ツールに100%満足しているマネージャーは、45.4%と半数にも満たない。

調査結果からは、ウェルス・マネジメント産業のデジタル化が、ほかの産業セクターに遅れを取っていることも判明している。ほかの産業セクターのスコア平均が5ポイント満点中3.5ポイントであるのに対し、その平均に届かず、3ポイントに留まっているのだ。

■超富裕層の6割以上が使うロボアド、それでもマネージャーは懐疑的

それでもロボットアドバイザーを筆頭とする「自動アドバイザリー・サービス」の需要は、過去1年間で飛躍的な伸びを記録している。

同サービスの利用を検討している超富裕層は、世界平均66.9%と前回調査より18.3ポイント増えた。特に、日本を除くアジア地域での需要が79.3%と高い。日本の需要も64.1%と11.6ポイント増えている。需要の伸び率が最も大きかったのは北米で、34.2ポイント増やし67.7%に達している。

ウェルス・マネージャー側の関心はそれほど高くなく、世界平均は30.5%と需要側とのギャップがある。「機械まかせの仕事には賛成できない」といった姿勢がうかがわれる。

■若手マネージャーは顧客のためにデジタル・ツールを使う?

供給側であるマネージャーの年代によって、デジタル化の目的にも差がでている。40歳以下の若いマネージャーの84.0%が、デジタル・ツールを「顧客のリスク管理」に最も利用したいと考えている。

それに対し、60歳以上の熟練マネージャーの84.4%が「すでにデジタル化しているライバル企業と競うためのツール」と見なしているのだ。「社外でも仕事ができる」という点も、熟練マネージャーのほうが重要視している。

超富裕層、ウェルス・マネージャーともに、年代によって見解や需要は異なる。だがデジタル・テクノロジーが必要不可欠なツールとして、幅広い層に認識されつつあることは間違いない。デジタル・ツールは利益、経験、生産性・効率性を向上させる、重要なものとして今後も発展を続けるだろう。(アレン・琴子、英国在住のフリーライター)

最終更新:7月10日(日)10時10分

ZUU online

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]