ここから本文です

【UFC】ゲガール・ムサシが盤石のTKOで2連勝

イーファイト 7月10日(日)10時6分配信

Zuffa
「UFC 200 ―Tate vs Nunes―」
2016年7月9日(土・現地時間)アメリカ・ネバダ州ラスベガス
T-Mobileアリーナ

【フォト】ユライア・ホールが大番狂わせ、ムサシを飛び後ろ蹴りKO

▼第2試合 ミドル級 5分3R
○ゲガール・ムサシ(オランダ/同級8位/DREAMライトヘビー級、元DREAMミドル級王者、元Strikeforceライトヘビー級)
TKO 1R 4分32秒 ※レフェリーストップ
●チアゴ・サントス(ブラジル/同級15位)

 アグレッシブなストライカー同士の一戦。ムサシはこれまでにDREAMやStrikeforceでタイトル獲得の実績がある日本でもお馴染みのファイター。K-1ルールで第2代K-1ヘビー級王者・京太郎(現プロボクシング日本ヘビー級王者の藤本京太郎)や武蔵を下した強打を武器とする。対するサントスもムエタイ仕込みの打撃を武器に現在UFCで4連勝中。

 1R、パンチの回転力に勝るムサシがペースを握ると、じりじりと距離を詰め始める。圧力に押されるサントスが徐々に後退したところで、ムサシが左右のパンチ連打で一気に前に。サントスをケージに押し込み、テイクダウンに成功。サイドポジションを奪い、ムサシはヒジを落とす。寝技の攻防から、サントスが立ち上がろうとした瞬間、ムサシのアッパー気味の右フックが炸裂。サントスがひっくり返り、ムサシが追撃を試みようとしたところで、レフェリーが試合を止めた。

 ムサシがサントスの連勝をストップ。UFCミドル級の上位争いに食い込む勝利を上げた。

最終更新:7月10日(日)10時6分

イーファイト

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。