ここから本文です

【F1 イギリスGP】ハミルトン、一発勝負のタイムアタックを決め2戦連続PP

レスポンス 7月10日(日)13時27分配信

2016年のF1第10戦イギリスGPの公式予選が9日、シルバーストンで行われ、ルイス・ハミルトン(メルセデス)が今季6回目のポールポジションを獲得した。

[関連写真]

母国イギリスでのレースを迎えたハミルトン。予選も彼を応援しようと多くのファンがかけつけスタンドも賑わった。そんな中、Q1から速さを見せ、最終Q3の1回目のアタックでも僚友ニコ・ロズベルグをしのぐ1分29秒339を記録する。しかし、コース中盤のターン9でコース外の部分を走行したとしてタイム抹消。手持ちのタイムがないまま、残り1回のタイムアタックに挑むことになった。

万が一失敗すれば決勝グリッドが後方になる可能性もあったが、しっかりと1周を攻め切り1分29秒287を記録。この日のベストタイムで今季6回目、通算55回目のポールポジションを記録した。2番手のロズベルグに0.3秒、さらに他チームのライバルには1秒以上もの大差をつける圧巻の走りだった。

3番手に最近成長著しいマックス・フェルスタッペン、4番手に僚友ダニエル・リチャルドとレッドブル勢が続き、キミ・ライコネン、セバスチャン・ベッテルのフェラーリ勢は5・6番手に沈んだ。

マクラーレン・ホンダ勢は母国GPのジェンソン・バトンが17番手でQ1敗退。フェルナンド・アロンソは激しいQ2タイムアタック合戦を制しカナダGP以来となるQ3へ進出。10番手を獲得した。

2016F1イギリスGP公式予選結果
1.ルイス・ハミルトン(メルセデス)1分29秒287
2.ニコ・ロズベルグ(メルセデス)1分29秒606
3.マックス・フェルスタッペン(レッドブル)1分30秒313
4.ダニエル・リチャルド(レッドブル)1分30秒618
5.キミ・ライコネン(フェラーリ)1分30秒881
6.セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)1分31秒490
7.バルテリ・ボッタス(ウィリアムズ)1分31秒557
8.カルロス・サインツJr(トロ・ロッソ)1分31秒989
9.ニコ・ヒュルケンベルグ(フォース・インディア)1分32秒172
10.フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)1分32秒343


17.ジェンソン・バトン(マクラーレン)1分32秒788

《レスポンス 吉田 知弘》

最終更新:7月10日(日)13時27分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]