ここから本文です

アルバートドックが差し切り重賞2勝目 4歳馬17年ぶりのV/七夕賞

netkeiba.com 7月10日(日)15時51分配信

 10日、福島競馬場で行われた七夕賞(3歳上・GIII・芝2000m)は、中団でレースを進めた戸崎圭太騎手騎乗の3番人気アルバートドック(牡4、栗東・須貝尚介厩舎)が、直線で外から脚を伸ばして各馬を差し切り、最後は58キロを背負いながらも伸びてきた5番人気ダコール(牡8、栗東・中竹和也厩舎)に1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分58秒4(良)。

 さらに3馬身差の3着に11番人気オリオンザジャパン(セ6、美浦・小西一男厩舎)が入った。なお、2番人気ルミナスウォリアー(牡5、美浦・和田正一郎厩舎)は8着、1番人気シャイニープリンス(牡6、美浦・栗田博憲厩舎)は9着に終わった。

 勝ったアルバートドックは、父ディープインパクト、母ゴールデンドックエー、その父Unusual Heatという血統。今年2月の小倉大賞典に続く重賞2勝目となった。4歳(旧5歳)馬による本レース制覇は1999年のサンデーセイラ以来、17年ぶり。

【勝ち馬プロフィール】
◆アルバートドック(牡4)
騎手:戸崎圭太
厩舎:栗東・須貝尚介
父:ディープインパクト
母:ゴールデンドックエー
母父:Unusual Heat
馬主:G1レーシング
生産者:社台コーポレーション白老ファーム
通算成績:17戦5勝(重賞2勝)
主な勝ち鞍:2016年小倉大賞典(GIII)

最終更新:7月10日(日)16時33分

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。