ここから本文です

慰安婦被害者が死去 生存者40人に=韓国

聯合ニュース 7月10日(日)11時48分配信

【広州聯合ニュース】旧日本軍の慰安婦だったユ・ヒナムさんが10日午前、肺がんのため亡くなった。享年88歳。

 被害者が共同生活を送る施設「ナヌムの家」によると、ユさんは1943年から約1年間、下関で慰安婦として従軍させられた。慰安婦時代の苦痛の後遺症などで長期間にわたり不眠症などに苦しみ、2009年に肺がんと診断された。2012年からナヌムの家で暮らし、ほかの被害者と共に日本の謝罪と法的賠償、被害者の名誉回復を求める活動を行った。

 生前、「二度とこうした痛々しい歴史が繰り返されてはならない」と主張し、慰安婦問題関連資料の国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界記憶遺産への登録を求めた。韓日政府による昨年12月の慰安婦合意については、被害者の同意がなかったとして認められないと韓国政府を批判した。

 韓国政府に登録されている慰安婦被害者238人中、生存者は40人(国内38人、国外2人)になった。今年に入って亡くなった慰安婦被害者は6人。

最終更新:7月10日(日)11時57分

聯合ニュース